ランニング中に脇腹が痛い3つの原因と対処法


ランニング中脇腹が痛い

ランニング中に脇腹が痛くなる事、みなさん一度は経験していると思います。

子どもの頃よく「横っ腹が痛い」って言ってましたよね!

本日はランニング中に脇腹が痛くなる3つの原因と

それぞれの対処法を書きたいと思います。

 

これからの時期、マラソン大会に出場するという方も増えると思います。

マラソン中に脇腹が痛くなってしまうと苦しいですしタイムも落ちてしまいます。

 

自分の脇腹がどういう原因で痛くなっているのかを確認して

ランニング中やマラソン中に脇腹が痛くならないようにしましょう!

スポンサードリンク

ランニング中に右脇腹が痛い

激しい呼吸運動をする事で横隔膜が痙攣して痛みを感じる原因になっている

ランニングで重い肝臓が揺れるために靭帯でつながっている横隔膜がひっぱられ痛みが生じる

 

ランニング中に右脇腹が痛くなる原因の1つが横隔膜の痛みだと言われています

トレーニング不足の方がランニングする場合や

ランニング中にペースを上げた時にオーバーペースになってしまい

呼吸が乱れ痛くなる場合が多いです。

 

対処法

ランニング中に痛くなってしまった場合は少しペースを落とし呼吸を整える事で

痛みが和らいでいきます。

普段から走る練習を続ける事で、内蔵を支える筋肉や、

体幹部の筋肉である腹筋や呼吸筋も鍛えられますので

同じペースで走ったとしても痛くなることが少なくなっていきます。

 

ランニング中に左脇腹が痛い

ウォーミングアップが不十分で急に走り出したりすると左脇腹が痛くなる方が多いです。

急に走り出す事によって全身に血液が足りないと体が判断すると

左下腹部にある脾臓という臓器に蓄えてある血液が全身に送り出されます。

脾臓から血液が急激に全身に流れ出る時に痛みを生じると言われています。

また、ランニング時に食べ物が消化不良で残っている場合、

全身に行く血液量が不足してますので脾臓から血液が送り出されやすくなり

左脇腹の痛みが生じやすくなると言われています。

 

対処法

ランニング前にしっかりとウォーミングアップをしましょう。

少し息があがるくらいが理想です。

運動前2~3時間前は食事摂取を控えるか、食事をする場合は

消化のよいものを選んで食べるようにしましょう。

 

腸内のガスが貯まることによって脇腹が痛い

こちらは右脇腹、左脇腹、どちらも痛くなる可能性があります。

腸内におならの元のガスが充満して走っていると

そのガスがランニングする事によって上の方に上がっていきます。

腸の曲がり角の部分にガスが貯まり広がって内蔵を圧迫するために

痛みを感じると言われています。

 

対処法

ランニング時に痛くなった場合は痛みを感じる方の

手を上げると痛みが和らぐまたはなくなると言われています。

脇腹を伸ばす事によって腸を伸ばす事にもなるので溜まっていたガスが

移動しやすくなります。

ガスが移動すると腸の広がりが改善されて痛みがなくなるようです。

ランニング前に腸内ガスが発生しやすい芋類、炭酸飲料などの大量摂取は控えましょう

 

まとめ

ランニング前の食事の内容や摂取する時間に気をつける。

普段からトレーニングやウォーミングアップをして走る事ができるれば

脇腹の痛みがでてくる事がかなり少なくなるのではないのでしょうか。

 

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*