東京マラソン2016の参加費は高い?何に使われている?


東京マラソン 参加費

東京マラソン2016の一般参加の参加費は

10,800円(国内)

この金額を聞いてどう思うでしょうか?

日本最大の都市型マラソンなのでこのぐらいの金額は普通でしょって思う方もいれば

こんなに高いの!?と感じる人もいるでしょう

 

参加費10,800円は高いのか?安いのか?

他のフルマラソンの大会はいくらぐらいなのか?

参加費は何に使われているのか?

 

調べてきましたので参考にしてみてください。

スポンサードリンク

東京マラソン第1回の参加費は高い!って噂になってました

今回で10回目を迎える東京マラソンですが第1回目の参加費は一体いくらだったかというと

一般参加 10,000円

です。つまり今とほぼ同じです。(現在は消費税分がプラスされています。)

東京マラソンは2007年に第1回が開催され、参加費10,000円を打ち出しました。

当時はハーフの参加費が3,000~3,500円前後、フルでも4,000円前後が相場

だったのでランナーの間では参加費10,000円はちょっと高いよねっていう話が

ちらほらでていたようです。

 

2007年代では「参加費5桁はちょっと高い」

となっていたフルマラソンの参加費ですが

実は2007年以降、新設された都市型マラソンの参加費は東京を見習うかのように

1万円というところが多いという現実があります。

 

東京マラソンの参加費を超える又は同額前後の大会

 

大阪マラソン 10,800円

名古屋ウィメンズマラソン 10,800円

神戸マラソン 10,810円

横浜マラソン 15,000円

 

ご覧のようにフルマラソンの参加費は

1万円前後又はそれ以上という場合が多いようです。

ある程度の都市でフルマラソンに参加しようと思ったら

1万円前後の参加費は必要な時代という事ですね。

 

以上の事から東京マラソン2016の参加費は

他の大会と比べても決して高くはなく相場だという事がわかっていただけたかと思います。

 

しかしながら約36,000人のランナーが参加費10,800円を払って

東京マラソンに出場します。

ざっくりと計算して3億6,000万円の参加費は一体何に使われているのでしょうか?

スポンサードリンク

東京マラソンの参加費は何に使われている?

東京マラソンで支出の大きいのは会場設営や仮説トイレの設置、

人件費などの運営費、警備や交通規制などの安全対策費、そして広報費等です。

その他、参加Tシャツや完走メダル、給水ポイントでのドリンクや給食費等、

他にもいろいろありますが参加費はこれらの費用に使われます。

しかし、実のところ参加費だけでは東京マラソンの運営費用はまかなえていません。

 

東京マラソンの運営費はどれくらいかかっている?

東京マラソンを1回開催すると一体どれくらいのの費用がかかるのか?

こちらの資料をご覧ください。

東京マラソン 参加費

東京都ホームページ内 東京マラソン財団 経営状況 から抜粋しました。

 

赤線を引いたところが東京マラソン2015にかかった経営費用です。

約19億5,000万円の費用がかかっているという事になります。

東京マラソン2016の参加料の収益が青線を引いたところの約4億3,000万円です

今年も前年度と同じくらいの費用がかかる事が予想されるので

単純計算すると15億円ほど足りません。

参加料の収益だけでは東京マラソンは運営できないという事になります。

 

では残りの費用は一体どこからだしているのか?というと

主に協賛金収益でまかなっています。

緑色の線を引いた部分が協賛金の収益です。

今年度は約18億8,000万円の収益があります。

このお金は東京マラソンの協賛企業、スポンサー企業がお金をだしてくれています。

 

東京マラソンを参加費だけで実施しようとすれば参加料は5万円を超えてくる事になります。

または東京都が10億円以上もの赤字を背負って開催されるって事になります。

東京マラソンの協賛企業が協賛金を払ってくれているおかげで

参加費が10,800円に抑えられているという見方もできますね。

 

協賛企業様に感謝!

 

最後に

東京マラソンの参加費10,800円は高い!と感じる方もたくさんいると思いますが

普段は走る事ができない東京のど真ん中を走り抜ける事ができます。

沿道から応援してくれる人も毎年100万人を超える大会です。

普段味わえないような環境を提供してもらえていると考えれば

参加費10,800円は決して高くないと個人的には感じています。

記念Tシャツや完走メダルももらえますしね!

 

>>東京マラソン2016のコースを距離別に徹底解説!

>>東京マラソンの賞金総額は1億円超えって本当?

>>東京マラソン2016の高低差は36kmからのアップダウンが要注意

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*