東京マラソンの応援ポイント主要&穴場7ヶ所


東京マラソン 応援

毎年2月に開催される冬の一大イベント、東京マラソン

参加ランナーは35,000人超え

沿道の応援人数は約100万人を超えると言われています。

そんな東京マラソンを沿道で応援する場合、どこで応援したらいいのか

穴場ポイントはどこ?等をまとめてみました。

スポンサードリンク

 

東京マラソンの応援ポイント7ヶ所

主要応援ポイント7ヶ所をピックアップしました。

 

東京マラソン応援ポイントその1 飯田橋付近

東京マラソン 飯田橋

スタートから約5km地点ということで、

ランナーの勢いもスゴく、人もばらけていないため

押し寄せるランナーの迫力を味わえます。

東京マラソンの圧倒的迫力を感じる事ができる応援ポイントです。

ただ、この地点ではランナーはまだ散らばっていないため

友人や家族など特定の方を応援するには不向きな場所とも言えるでしょう。

 

東京マラソン応援ポイントその2 芝公園付近(12~13km付近)

折り返しで戻ってきた反対車線のランナーも見る事ができます。

芝公園の西側には東京タワーが建っていますので

反対車線側で応援すれば

東京タワーを背景にランナーの写真を撮ることもできますよ!

 

東京マラソン 芝公園

とはいうものの、このポイントで特定のランナーを東京タワー背景に写真撮るのって

プロ並の技術、必要ですね。

 

また、芝公園では東京大マラソン祭りのメイン会場にもなっているので

自分の応援しているランナーを見届けたらお祭りを楽しむ

という楽しみ方ができるスポットでもあります。

 

東京マラソン応援ポイントその3 銀座

東京マラソン 銀座

浅草に向かうランナーと浅草から折り返してきたランナー

2回見る事ができるポイントです。

こちらは完全に応援者側の目線でエントリーさせていただきました。

銀座でマラソンの応援できるってなんか贅沢じゃないですか?

応援終わったら買い物いけるし笑!

スポンサードリンク
 

東京マラソン穴場応援ポイントその4 茅場町から浅草までの間(25~31km付近)

こちらも浅草に向かうランナーと浅草から折り返してきたランナー

2回見る事ができるポイントです。

このあたりは応援する人が少なくランナーにも見つけてもらいやすく

また疲労もたまってペースが落ちてきてきる選手がたくさんいます。

ランナー側としては

「応援してもらいたいポイント」

だと思うので気合入れて応援してあげましょう!

友人や知人に差し入れする場合はこの辺りでするといいかもしれません。

 

東京マラソン応援ポイントその5 浅草雷門

東京マラソン 雷門

雷門はちょうど折り返し地点に当たりますのででランナーを正面から見る事ができます。

走ってくるランナーを正面から応援する事ができる数少ない場所です。

純粋に観光できてる人も多いので人は多めです。

 

観光名所で応援できるのでちょっと贅沢な気分を味わう事ができます。

 

東京マラソン穴場応援ポイントその6 35km付近 佃橋周辺

東京マラソン 佃橋

ランナーがまばらになり沿道の応援も少なくなるポイントです。

ランナーにとっては、最後の難所に突入していくポイントでもあります。

「応援してもらって気合をいれてもらいたいポイント」

だと思うのでこれから訪れるアップダウンを

しっかりと乗り切れるように応援してあげましょう!

 

東京マラソン穴場応援ポイントその7 佃橋から豊洲までの間(36km~39km付近)

佃大橋、有明中央橋、朝潮大橋の難関が待っている。

橋の下に船が通るため橋のセンターが高くなっているので、

高低差約7mの昇りと下りに突入していくポイントです。

 

「底をついているスタミナ、気力を少しでも復活させてもらいたいポイント」

だと思うのでここでの応援は非常に重要なポイントであるともいえるでしょう。

「がんばれ」よりも「あと少し!」と言ってあげたほうがいいと思います。

ランナーは充分頑張ってますからね!

 

最後に

東京マラソンにはフルマラソン未経験者が毎年多数出場しています。

それなのに、なぜか完走できてしまう。

制限時間や関門が緩いという理由がもちろんありますが

それに加えて沿道からの応援の効果はかなり大きいと思います。

マラソンは自分との戦いです。スタミナきれて心が折れそうになっている時に

知っている人が応援してくれたらとっても心強いです。

特定のランナーを応援する場合はコース後半で応援してあげると喜ばれると思います。

 

>>東京マラソン2016のコースを距離別に徹底解説

>>東京マラソンの賞金総額は1億円超えって本当?

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*